HOME > 子どもがいないので… 病院や施設の保証人

・本人が意識不明になったとき、
 代わりに医師が医療方針を説明するため
・入院費を確実に支払うため
・本人が亡くなったら確実にご遺体を
 ひきとってもらうため
・保証人がいなければ、入院もホームも難しい

・必要なときにスムーズに入院でき、早期治療に
 入れる
・自宅での生活が難しくなっても、入居できれば
 ホームで快適にくらせる
・病院側・ホーム側が安心して受け入れてくれる