HOME > 同居の子が身勝手、お金をせびり取られたくない

同居の子が身勝手、お金をせびり取られたくない
子どものことは大事に思っているが、このままでは自分の将来が不安
他の子どもは怖がって、実家に近づかない・お世話してくれない
財産を言いようにされて、施設に入れられてしまうかも…


 

もちろん子どもは大事。
でも、気をつけて。
「あげ過ぎ貧乏」で 
「老後破綻」
まずはあなたの人生を 
考えてください。

 

 
司法書士 市川  

「老後破綻」と「あげ過ぎ貧乏」
「私にばっかり払わせるのよ、いちいち言わないけど…」
 
 同居の子が、親の財布をあてにしているのはよくある話。子どもが、家賃を払わない、買物や外食に行っても財布すら出そうとしない、年金暮らしの親からすると気になることだ。金額そのものというよりも、子がまるで自分のお金のように思っている姿勢に親は不安を感じている。言わないのではなく「将来いじめられたら困る」ので強く言わないでおこうと思う反面、このままどんどんエスカレートして財産を全部使われてしまったらどうしようと不安になっているのだ。
 また一方で、子どもに気に入られようと積極的に生前贈与をくり返す親も増え、社会問題化している。いづれは「自宅でお世話をしてくれるから大丈夫」と安易に考えて、無計画に贈与を繰り返した結果、自分の財産が目減りし、余裕のある老後を送れなくなり、その行き着く先は、田舎の安価な老人ホームだ。
 いずれのケースでも、自分のために財産を有効に活用できず、ビクビクした老後を送る羽目になってしまう。この背景にあるのは、老後のお世話について自分から言い出せず、子どもの言うがままになってしまう、「逆転した親子関係」だ。
 
逆転しないためのポイントは4つ
  1)老後の人生設計、お金、住まい(ライフプラン)
  2)理解者・応援者づくり(キーパーソン)
  3)自分の老後生活について意思表明
  4)制度の利用
 
 まず、自分がどんな老後を送るのかイメージする必要がある。ここで重要なのは、単なる願望にならないよう専門家にアドバイスをもらうことだ。理想的な老後を実現するためには、お金と住まいがしっかり裏打ちされている必要がある。
 次に、老後を送る上で理解者・応援者が必要だ。老後には、年齢による衰え、病気、認知症など様々な不安がつきまとう。そうなった時、自分のことを応援し、時に代理人としていろいろお手伝いしてもらえる人が不可欠になる。
 そして、それらのことを、家族と社会にしっかりと表明しておくこと。自分で思っていただけ、話をしただけでは、何も実現できない。時間の経過ととともに内容が歪曲され、逆にトラブル、争いの原因となる。法制度を利用して、社会的に有効な書面にしておくことが重要だ。家族の中での決まりで終わらず、銀行や役所などでも通用する法的効果のある書面にしておくことで、はじめてあなたの希望は実現できる。
 もし、家族に言いづらかったり、うまく説明できないようなら専門家から話してもらうといい。みんなで一緒に考える機会を設けることが重要だ。
 なにも今、先行き不透明な中でお金を上げなくても、あなたの望む老後を応援してくれる子に、遺言という形で、あなたの人生が終わったあと、自宅と残ったお金をあげればいいのだから。