録画のため、セミナー中に行われている投票へのご参加はできません。

*スマホでご覧になられる場合、Wi-Fi接続が必要になる場合がございます。

 
家族に負担をかけたくない
70歳以上のご夫婦

相続対策はできているが老後生活が
まだ定まっていない方
親の将来の介護を心配している子世代

 

   
司法書士 吉野 

 
 
今、そしてこの先の暮らしと、自分亡き後の家族の暮らしを
「自助」自分の財産で支えていくとは?

 
年を重ね自分自身の体調が日々変化していく中、一人では限界。
何とかなるでは済まない現実があります。本来の「自助」とは、老後資金の確保では足りない。自分の財産をどんな変化の中でも自分のために使えるように、互いに支え合えるキーパーソンを確保し、一緒に「準備」することが必要です。


「準備」は元気な「今」しかできません。
法制度の活用で、これから「続いていく」暮らしの安全と
自分とキーパーソンの安心を確保してください。